Keychron K3 レビュー

Kickstarter でプレッジしていた Keychron の K3 Optical Switch White が届いて 1 週間ぐらい使用してみたレビューです。
主にゲームに焦点を当てつつ、文章入力/プログラミングなどにも使っている感じです

購入した理由

K3 が届くまでは SteelSeries Apex M500 JP をメインで使用し、 FPS をするときは BitTradeOne BFKB113PBK を使用していました。 COUGAR VANTAR とかも結構使ってました。
K3 を購入したざっくりした理由は、

  • BFKB113PBK は耐久性と今後の生産に不安があった
  • 今後メンブレンパンタグラフのキーボードが流行る未来が見えなかった
  • Low Profile で Optical Switch で尚且つ Actuation force が小さい物をを選べる
  • 流行りの 65% レイアウトに不満があった
  • フルレイアウトではないものが欲しかった
  • ファンクションキーが近くにあること、 Page Up/Down, Home, End, Arrow Key がある
  • 机の上にキーボードを複数置きたくないので、 WindowsMac などの複数のマシンで同時に使えるやつが欲しかった
  • そこそこの値段でまた買える
  • 自作したくない

です。
具体的には、ファンクションキーは文章入力やゲームで高頻度で使うのですが、何故か他のキーから離れてるものが標準なので元から不満があった。
一応安いキーボードとかであったりはするのだが、キーロールオーバーや耐久性やスイッチが要件を満たしていないものばかりだった。
あとは Mechanical Switch の Low Profile は押し込まないとキーが反応しない感覚が強かったので、 Cherry MX の Silver より押し込まなくていいのは魅力だった。
また、メンブレンパンタグラフで尚且つそういった要件を満たしているのが BitTradeOne のものぐらいしかなかったが解消したかった感じです。
メンブレンパンタグラフのようなフィードバックが少ないスイッチはあんまり需要がないみたいで、どんどん姿を消していっています。
なので、時代に合わせてブラウン管モニタから液晶モニタに切り替えるような気持ちで色々キーボードを試していた中で見つかった感じ。
元々は K2 を買う予定だったが、購入しようとした時に K2 の Low Profile 版の K3 が Kickstarter で出資を募っていたので即 Pledge した感覚です。

発送

中国の深センから DHL Express で、国内は佐川急便で届きました。
箱はちょっとへこんでましたが、中身は傷ありませんでした。

製品感想

製品情報

キーボード本体、 Type-C to Type-A USB ケーブル (パラコード)、 Keycap Puller 、 Switch Puller 、 Mac/Window とライトを操作するキーのキーキャップ、ダストカバー ダストカバーはケーブルを付けると浮くので、ケーブルを付けて利用する場合はちょっと加工してあげるといいと思います。
私の個体は置くと若干ガタついていたので、キーキャップの下にあるネジを外してもう一度つけ直したら治りました。

スイッチ

押し込むかなり前でキーが入力されるのはメンブレンパンタグラフと同じ感じです。 ただ、それより圧倒的に力が要らないです。
ただ、メンブレン/パンタグラフの使用感を求めてるとちょっと違う感じ。もっとクニュッとしています。
おもちゃっぽい、拙い感じのフィードバックです。
久しぶりにファンクションキーが近いキーボードを使ったので慣れるのに 3~4 日かかりましたが、慣れると運指が楽で良い感じです。 FFXIV で左手でF6押す時が楽すぎる。

総合的に

US レイアウトでファンクションキーが近いのが好きならおすすめできます。
ただ全体的に造形もスイッチもおもちゃみたいな感じなので、精密性とか重厚感とかフィードバックが欲しい人にはおすすめしません。
今まで使ったどのキーボードよりも軽いキータッチなので、 Optical/Mechanical Switch に不満がある人は試してみるといいと思います。

あとがき

やっと今まで求めていた要件をすべて満たしているキーボードが手に入った感じです、素直に嬉しい。
actuation point とかに拘る人にはWooting two HEを買ってみてレビューお願いしたいです。
ではでは。

近況

とある事情で夜にボイスチャットが出来なくなってから約3ヶ月が経った。
それに合わせて生活習慣を夜型から早朝に起きる方向に変えたが、それにも慣れてきた。
今は 21から22 時ぐらいには床について、 5:30 から 6:30 ぐらいに起きてる感じ。

何年間も夜にほぼ毎日誰かと喋るっていう生活を続けていたのだが、それが無くなったのし、仕事も在宅で基本的に一人で作業をしているから、発声する機会が極端に減った。
たまに夕方とか昼に Discord で集まっている所があったら少し雑談をしにいったりはするけれど、そのぐらいしか発声する機会が無い。
意外だったのは、割と自分は人と喋りながら何かするの好きだったんだなという事かな。
あとは 1 週間ぐらい身内で集まってゲームを攻略していていくらか発見があった。
そのゲームは現代的な Ping や Emote のようなコミュニケーション機能がゲーム内に存在しないものだったので喋るのが一番良い情報共有の方法だったが、自分はそれが出来ない状態。
チャットだけでコミュニケーションするのは、普段喋っていた自分からすると慣れないものだったし、一緒にやっていた人も伝わりづらくて困っていた。
自分含め全員が慣れてきたらそこまで困りはしなかったけど、ベストな方法ではないと強く思った。

1 人での活動は昼に時間がある時に最低 1 時間はシューターをプレイして挙動を確かめてる程度。
ゲームをプレイするための時間を捻出するのが前より難しくなったが、それを言い訳にするのも嫌だなと感じている。
とはいっても、リラックスして物事には取り組めているから良い感じです。以上。

奇妙な体験をしたゲームイベント

あいさつ

こんにちは、皆さんゲームしてますか?
今日は私が 9 月 12 日に参加した大会について書こうと思います。
参加した大会は Diabotical Asia weekend tourney #1 というもので、個人主催の小さなトーナメントです。

大会直前

日本時間 17:00 開始予定、参加希望者は予め告知してあったサイトから参加申請をしていて、私も当日の 15:30 ぐらいに参加申請しました。
その時点で参加希望者は 18 人ぐらい居て、小さなコミュニティのゲームの個人開催、また流行していない地域の大会としては結構集まっていた。
しかし、問題は 16 時から 17 時までのチェックイン(いわゆる点呼)から発生し始めます。

Toornament

まず最初に使用した Toornament の説明をするとゲームの大会向けのウェブサービスで、

  • 大会の日程、ルールなどの情報が告知できる
  • 参加希望者はサイト上でアカウントを作っておけばすぐに申請ができる
  • 日程直前になるとチェックインが開始される
  • チェックインが確認出来た参加者からトーナメント表を作成

などができます。主催や参加申請から当日の点呼まで殆ど自動でやってくれる便利なサイトです。
日本でも同じようなサービスがあると思います。

チェックイン問題と実際に起こったこと

しかし、 17:00 大会本番になり、チェックインを締め切ったのに何故か主催者は大会を開始できません。
最初の問題は参加申請したプレイヤーの半分以上が規定の時間にチェックインが出来なかったことにあります。
二つ目は通常、規定に間に合わなかった場合は失格になります。
しかし、なぜか主催者は Toornament の規定通りに開始せず、延期をし、チェックインをしていないプレイヤーをトーナメント表に入れてしまいます。
f:id:zmlvnms:20200913111922p:plain
これが実際のトーナメント表で、赤く塗ってあるのはチェックインができなかった選手。 見てもらえば分かると思うが、本来であれば存在しない「無の第1回戦」が実現しています。
また、 Toornament の仕様を無視しているから何か事情があるのだろう、と思っていたらチェックインしていない選手同士で試合が組まれていていました。
そしてそれが「実際に行われているのか行われていないのか」を運営が把握しておらず、また告知もしないため、 Discord は個人で点呼をしまくるという無秩序が発生。
更に言うと「無の一回戦」で、「チェックインが出来ないと連絡していた選手」が「無連絡でチェックインしていない選手」に負けていたりします。
結果的に私は 2 回戦分、約 2 時間ぐらいをただ待つだけで過ごすという状態になりました。
この時点で私は暇すぎて全身をストレッチし、スクワットや肩のトレーニングしつつ、虚無を見ている私の配信視聴者に「すげーことになってるぞ」というチャットをしていたりしました。
3 回戦と 4 回戦目は無事にプレイできたのですが、もう完全にやる気が削がれていたので 4 回戦目で負けた時点でダブリイリミネーションの敗者側のブラケットを棄権しました。
その後私はすぐ寝たのですが、今日見たら敗者側のブラケットに何故か「チェックインが出来ず棄権になっていたプレイヤーが復活」していて、勝ち上がってたりしました。どういうこと?
f:id:zmlvnms:20200913095534p:plain

大会や参加者の環境の説明

Asia と書かれているが参加者の 7 割以上が極東ロシア在住。大会主催者も同じ。
理由はこのゲームにはロシアのデータセンターが存在するが、西にあるモスクワなので日本の東京データセンターより距離が離れていて国内でも快適にプレイできない。
ましてやヨーロッパなどもっと遠い。メジャーな対戦ゲームなら独立国家共同体 (CIS) という区切りをしていることがあるが、そこまで大きくないゲームでは忘れ去られやすい地域です。
なのでウラジオストクのような辺境に住む人は東京サーバーぐらいしか快適に遊ぶ事ができない。
そして、東京データセンターなら韓国/中国、台湾やシンガポールぐらいまでだったらプレイ可能レベル。 ならばアジアと極東ロシアであわせて "Asia" や "Far East Asia" と呼ぶことにしよう、となっているんだと思う。
この界隈で言うざっくり「アジア」はこんな感じ。マークがついてるところがモスクワ。
f:id:zmlvnms:20200913102129p:plain

実はこの流れは同じ Quake 系 ArenaFPS の "Quake Champions" でもあって、一瞬だけ東京にデータセンターがあったんだけど、無くなったことによって極東ロシアの人々はプレイするサーバーが無くなった。
この件に関してはかわいそうだと思う。

教訓を得たこと

めちゃくちゃ当たり前の事なんだけど、今回に関してはその「当たり前」が全て通っていないので一応書いておく。

  • 大会の主催は規定通りに進めなければいけない
  • 使うアプリやサービスの使い方ぐらいは調べよう
  • 報告連絡はしよう
  • 少ない運営者でやるのなら、配信よりも大会の進行を優先しよう
  • 参加する人は時間を守ろう

本当に気心の知れた友人とやるイベント、とかだったら遅刻とかしても気にしないと思うが少しでも他人が居るなら絶対にしてほしい。
まじでこれぐらいしか言えることがない、小学校の遠足レベル。

その他

日本語がわからないロシア人が、対戦相手の「スペルブレイク早くやりたい」という名前 (トーナメント表では Higashi-ri となっている) に確認するのが段々雑になっていって、この界隈だったらほぼやらなそうなゲームの名前を呼ばせたのがよかった。
ただ人を呼んでいるだけなのに主張みたいになってしまっている。
f:id:zmlvnms:20200913104027p:plain f:id:zmlvnms:20200913104154p:plain

ほんの少しだけど日本人と交流できたのもよかった。次回「ちゃんとした」イベントがあるならまた一緒に遊びたいですね……。
以上、俺の休日の 5 時間でした。

ここ 2 ヶ月で購入したりしなかったりしたものまとめ

日用品

  • Anker PowerPort+ 1
    デスクには既に Anker PowerPort Speed 5 があるので、ベッドの横に置いたり携帯するため。
    殆どスマートフォンを外に持ち歩いて使うことが無かったのだが、最近外出が増えたので寝る前にバッテリーが切れそうになり、 Quick Charge 3.0 に対応しているアダプタが無かったのでちょうどいい。
    普通、安い、けどちょっとでかい。

  • マイプロテイン Impact ホエイ
    全身の筋トレを初めたので既にトレーニングしてた人から教えてもらった、スーパー安い。味はとりあえずナチュラルチョコレートとミルクティーを購入した。
    新規会員登録時の紹介コード(1000 円割引)と、ディスカウントコードを入力するとすごい割引になる。
    ディスカウントコードは山澤礼明さんのYouTubeの動画からもらいました、謝謝。
    紹介コードは私の KHSM-R4 です、使ってもらえると私にも 1000 円分割引が入って助かる。

ゲーム用途

  • Crucial MX500 1TB
  • G.SKILL F4-2666C19D-16GNT
    今までメモリが 8GB しかなかったため、ゲーム中にメモリスワッピングが多発していた。
    普通に使用する分にはパフォーマンスが落ちる程度で問題なかったが、長年それを続けていたため SSD が劣化し、メモリスワッピングが起こるたびにゲームが一瞬フリーズするようになってしまった。
    また、使用していた SSD はシステム用とゲーム用の 2 つだったが、ゲーム用の SSD も容量が限界に来ていたので SSD を購入。
    メモリは使用しているマザーボードが ASRock H170 Pro4 なので DDR4 2133 までしか認識しないため、激安 DDR4 2666 をゲット。
    友人からもらった MX500 (ありがとうのぶ子!) と購入した分で OS を再構築して快適になった。
    パソコンのパーツに関しては本当に初心者だったので、公民館 Discord のメンバーに聞いて色々教えてもらって良い買い物ができました、ありがとうございます。
    次にパソコンのパーツを買うのは完全に一から組み立てる時になりそう。

  • Shure SE215SPE-A
  • Artisan NINJA FX ハヤテ 甲 MID L
    私はパソコンでゲームする時は眼鏡をかけながらプレイしているので、ヘッドホンやヘッドセットだと長時間使用していると痛くなってしまうというのがあった。
    また、出掛けるちょっと前に FPSbot 撃ちとかする時に音のレスポンスを得るために髪型が崩れるのが嫌だった。
    ゲーム向けにイヤホンを使ったことがないのと、昔 Shure のイヤホンを使っていて使用感がよかったのでとりあえず使ってる人も多いエントリーモデルを購入。
    音をもっと良くしたいなら DAC やアンプを買うことになるけれど、今の所必要に感じていない。
    マウスパッドは今まで Artisan NINJA FX ヒエン MID L を使用していた。ハヤテ・ハヤテ 甲・ハヤテ 乙・シデンカイは既に一枚持っているが、完全に移行するために1枚余分に購入。
    最近 FPS のマウス感度を極限まで下げ、ある程度の所まで少しずつ上げる実験的なことをしている。
    そのためか、マウスのコントロールに悩むことが増えたので持ってる Artisan シリーズを改めて全部使って落ち着いた結果です。
    ヒエンのザラザラしてるのに比べてかなりサラサラしてるので夏場も気持ちよく使えるのもポイント。シデンカイはちょっと滑り過ぎちゃうかな。
    けれど、あえて比べるとどれもいいパッドでした。個人のプレイスタイルによると思います。
    しかし、マウス感度を下げると自分の crosshair placement や pre-aim が雑だった事に気が付かされる。いままでこれを見てから無意識で修正してたと思うとゾッとする。

あえて購入しなかったもの

  • belegendのプロテイン
    聞いた人みんなが口を揃えて「溶けやすい」「美味しい」と言っている。値段が倍近くするので、先にマイプロテインの方を飲んでから実感したい。後で買う。


  • COUGAR VANTAR
  • COUGAR VANTAR AX
    シザースイッチのキーボード。レイアウトは普通。
    シザースイッチはどのタイプのキーボードよりもリアクションが早いのでとても好み。
    個人的にはメカニカルキーボードの青軸のようなはっきりとしたレスポンスは必要に思わないのでそういう所も相性が良いと思う。
    ただその構造から耐久性にすごく問題があり、私は数多くの 2000 円ぐらいのシザースイッチキーボードを破壊してきた。
    友人が購入したようなので耐久力が割とあるなら購入すると思う。

  • Wicked Bunny Rapid RGB Gaming Mouse
    f:id:zmlvnms:20200821175920j:plain
    身内で話題になった「若干フロントセンサー」マウス。
    フロントセンサーは名前の通りセンサーが中央より前のほうにある事、利点は手首で動かしたときの可動域が大きくなるというもの。
    Mad Catz R.A.T. 1 は本物のフロントセンサーマウスだが、そもそもセンサーが微妙だし、一瞬で壊れる。
    実際にゲームで利用できるレベルのフロントセンサーマウスは見かけたことがないので希少。
    このマウスはセンサーや使用感は普通に使えるらしいが、クリックがかなり重いらしいので後ろの方を持った時にきつそうだった。
    マウスの後ろの方を持つのはかなり可動域が広がるので長年重宝しているのだが、縦方向に動かす時に指が長くないといけないのと、スイッチの作りに依存するので悩みもの。
    とりあえず買う前に、私は指を鍛えるハンドグリップを購入した。

GZDoom mouse sensitivity メモ

mouse_sensitivity の下限が 0.5 なことと、マウスの DPI を高く設定しているため他のゲームで使用している感度にできない。
また、 GZDoom ではマウスを用いた vertical 視点移動が horizonal 移動の半分なため m_pitchm_yaw の二倍に設定する。

mouse_sensitivity=0.751
m_side=2
m_forward=1
m_yaw=0.1
m_pitch=0.2

GTFO で旧 Rundown をプレイする方法

2020/08/27 追記

開発者が意図していない遊び方です。明確に利用規約に違反しています。
また、この記事に書いてある事は全て自己責任でお願いいたします。
以下に画像 (公式 Discord から引用) とソフトウェア利用許諾契約 (EULA) を貼っておきます。
GTFO EULA f:id:zmlvnms:20200826152500p:plain


GTFO では、アセットの入れ替えやゲームメカニクスの変更など様々な理由で通常は旧 Rundown をプレイすることができません。
しかし有志により、古いバージョンのゲームデータをダウンロードし、起動オプションを弄ることによって無理やりプレイする方法が発見されました。
この記事ではその方法の説明をします。

DepotDownloader と .NET Core 3.1 Runtime をダウンロード
DepotDownloader

Releases · SteamRE/DepotDownloader · GitHub
f:id:zmlvnms:20200709165450p:plain

.NET Core 3.1 Runtime

Download .NET Core 3.1 (Linux, macOS, and Windows)
f:id:zmlvnms:20200709165509p:plain

DepotDownloader と .NET Core 3.1 Runtime をインストール
DepotDownloader のインストール

DepotDownloader を解凍し、中にある depotdownloader.bat を編集
f:id:zmlvnms:20200709172741p:plain

@echo off
dotnet DepotDownloader.dll -username Steamのログイン名 -password Steamのパスワード -app 493520 -depot 493521 -manifest 8000105074755596729

Rundown #001 の場合は -manifest 8000105074755596729
Rundown #002 の場合は -manifest 2523183852652622954 に編集

.NET Core 3.1 Runtime のインストール

f:id:zmlvnms:20200709173115p:plain

ゲームデータをダウンロードする

先ほど編集した depotdownloader.bat を起動
Steam Guard を使っている場合、認証コードの入力を促されるので入力する (メールか、モバイル認証アプリ)
するとゲームデータのダウンロードが開始される
f:id:zmlvnms:20200709173859p:plain

GTFO の起動オプションを変更

Steamのライブラリから GTFO を右クリック → プロパティ → 一般 → 起動オプションを設定
f:id:zmlvnms:20200709174539p:plain

"ダウンロードしたデポット" %command% 

と入力する。
以下の画像は例です f:id:zmlvnms:20200709174639p:plain

"E:\DepotDownloader\depots\493521\5211229\GTFO.exe" %command% 

あとは Steam のライブラリから GTFO を起動すれば完了です。

注意点

2020/07/09 現在の情報です

DepotDownloader の注意点

ディレクトリを指定しなかった場合、違うマニフェストを選んでも同じ所にダウンロードされてしまうので、一つダウンロードしたら Rundown 毎にフォルダを分けることをおすすめします。
f:id:zmlvnms:20200709175100p:plain

GTFO 本体の注意点

最新バージョンを起動してから古いバージョンを起動すると設定がすべて初期設定に戻ってしまいます。
マルチプレイヤーをする際は同じバージョンでないとプレイできません、逆にバージョンさえあっていれば普通にマルチプレイできます。

出典

구버전 런다운 GTFO 다운받고 실행하는 법 - GTFO 갤러리
Steam Community :: Group :: ゲーミングチャイルド